忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今は、新聞・本・インターネット等々いろいろな情報がそこら中から観れる、探せる、取れる時代となりました。
ほんの何分か前までは、まったく知らなかったことが文字や画像等で知ることが出来ます。
まして、世界中からです。
知りたいことをすぐに探し出せること。すばらしいことであり、有意義に活用すべきと思います。

でも、知ったからと言ってその知識が真に自分ものとなり、すぐ活用できるものでしょうか?

自分がいつも関わっている分野や興味のあることであれば、過去に経験した内容により即座に
その知識の本質を理解できるでしょうが、それがなければだだ知っていると言うだけで本当に
自分の知識とはなっていないものだと考えています。

広く見て読んでもらいたいために一般的なことしか乗せられていないものやこれを覚えれば
すぐに間違えなく活用できます等。

私は技術者なので特にそうかもしれませんが、まず情報(知識)を知っても自分で実行出来る
ことはやって見てから(経験)でないと、他人には本当に知っている・分かっているとは
なかなか言えません。
もし言ったとしても、その情報の出所を必ず相手に伝えます。

また、専門書などもあくまでもひとつのケースを説明していることが多いため、それら専門書内容に対応する場合、現実には一つとして同じケースやパターンがないのが普通であるため、
初めは失敗するかも知れません。
しかし、私は同じ経験を繰り返す内に失敗がどんどん少なくなり、さらにより広い視野でその知識を理解できるようになりました。

既存の情報や知識が先にあって、それを経験して見て、そしてその体験から本当の自分の知識へと繰り替えして行くことで、頭の中だけの記憶や理解だけでなく、体でも覚えたこと(動く・労力多少の苦労)による現実的なかしこさ(知恵)を持つ人ととなることが出来るものと考えています。
人間として、技術者としてかしこい人間になるには、まだまだこれから先のこと思っています。
限りがないのかも知れません。
しかし私は今まで通り、これからもこのように続けていくつもりです。





PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
COMMENT : 否
 経験だけではなく、情報や知識さえ乏しい人間が増えているように私は感じる。統廃合・リストラ・団塊世代の引退により、企業が若年化している。若年化・若返りは決して悪いことではない。この先、吉と出るか凶と出るか、これからの日本が心配だ。
ultraman 2006-08-19(Sat)09:15:11
RES : Re:否
コメントありがとうございます。
情報・知識・経験が乏しい人間が増えていると言うことは、それだけ人が生きる上で自分に必要な事柄が減ってきていると言うことになるのでしょうか?さらに、必要なことにも気づかないで過ごしていると言うことなのでしょうか?
逆に言えば、今の世の中がそれだけ思わなくても考えなくても生きて行けるほど便利になっているのかも知れません。

考えなくてもよい→自分の意志が薄くなり他人任せが多くなる→マニュアル人間化→イエスマンの増加(企業としては楽で便利な人間?)

企業の若年化・若返りは、私も悪いこととは思いません。
ただ単に人件費の削減だけではなく、その世代に必要な事柄を伝え相談しながら自分で思考させつつ、さらに経験させて行くような体制が企業にあれば、その内にどんな場面においても柔軟に対処出来るような若者が増えるのではないかと考えます。

必要な事柄を伝える人(質問することも分からず、今を気づかないので教える)
相談する人(いろいろな経験をして来た話)
経験をすることを許可する人(多少の失敗には目をつぶる器と何かあれば助けようとする気持ち)
やはり、企業の社員全員が若年層になることはなさそうです。

そして、今やどの業界の企業も若年層への企業理念と固有技術の確かな引き渡しが出来なければ大変です。
企業の永続を考えれば、死活問題となる企業も出てきそうです。
難しいことですが、何事もバランスをうまく取って行くことが重要だと考えます。

2006-08-19 16:47
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
6 5 4 3 2 1
> カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
> フリーエリア
> 最新コメント
(12/16)
(返信済)
(08/19)
> 最新トラックバック
> プロフィール
HN:
wiecom
性別:
男性
職業:
会社役員
趣味:
楽器演奏・映画鑑賞
自己紹介:
建築企画、設計、提案・
各種工事管理・
建造物調査診断・
アスベスト関連・
関連営業・
技術講習等講師 等々
建設関連の仕事を経験。

現在、さらなる夢を追ってがんばっているところです。
2人の娘を持つオヤジです。

※仕事上・役職上・年齢上
  等々の不具合により、
  返信が遅れることの
  可能性が高いことを
  お許しご了承下さい。
> バーコード
> ブログ内検索
> カウンター