忍者ブログ
意識・イメージ・名前・言葉・象徴

主観と客観  

私 = 主観-意識
物 = 客観-意識されるもの

両者が一体となった状態が人間の意識

意識の根源にある世界

直観の世界
我を忘れて夢中になっている時・美しさにうっとりする時

分化

意識するものとされるもの・知るものと知られるもの
私とわたしでないものの区別が明瞭になる世界
意識の根源の世界が分化する

最初の意識

意識の最初の形態 = 感覚-知覚

特徴 : 次元が現在のみに限定されること 『 現在のもの・その時のもの 』 を捉える

【 感覚経験の痕跡 】
記憶、直感される印象、心に残された残像  つまり、イメージ

イメージ

イメージは固定的ではなく、時とともに薄れて行く

言葉の世界

人間はイメージに名前をつけて、それを固定して保存する

共通の名前

イメージはそれぞれ異なるが、類似したイメージに対してその類似性に基づいて名前が
与えられる

人間の世界

流動的な世界を固定して、そのの世界のものごとに名前を与える
名前とは、過去のことも未来のことも表す記号である

人間の言葉

人間の言葉は、あらゆる時の一定の類似した現象すべてを表す一般的な記号である
象徴 = シンボル

言葉を話す人間

象徴を操る動物である

言葉は、感覚的イメージの共通部分を抽出した一般的なものであるため、現実の個々の現象
は全て微妙に異なり、ニュアンスが違う

人間の経験

人間の経験は全ての現実に基づくものであり、感覚的イメージは全てこの経験を集約するものである
だから、同じ言葉を使っても人によってその言葉に反映しているイメージは異なるので、意味のズレがある

日常言語

言葉には個々の人によって異なった過去の経験に基づく、異なったイメージが反映している
よって、日常言語は人によってニュアンスが異なり多義的である

そのあいまいさを解消するため、【 意味が明確に定義された言葉 】が発生した
概念や専門用語など

概 念

言葉の概念決めることで始めて、物事のつながりを離れた客観化 ・ 対象化が完成する
しかし、なおも質的把握という点で問題を残す

対象化を徹底させると、物事との生きたつながりを失った抽象的な世界となってしまう

理 性

物事を分析したり、一般化したりする思考能力

日常経験の基礎

世界とのつながりを持つのは、感覚・イメージにおいてつながるものである

能 力

感覚の能力   = 感性
イメージの能力 = 想像力

想像力

感覚によって与えられたイメージを造り変えたり、組み替えたりして、人間の創造活動の源泉となるものである

精神文化

精神の深層において体験されたイメージ

芸術 - 美のイメージ
道徳 - 善のイメージ
宗教 - 聖のイメージ
哲学 - 真のイメージ

イメージの持つ象徴性が、想像力によって様々な形を与えている

科 学

精神文化と相反する

我々の意識が物との直接的なつながりを完全に断ち切り、対象化を徹底した知の世界
感覚の主観性やイメージの象徴性は完全に排除されている

今一度、基本的なことを意識して考えて見る
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
18 17 16 15 14 12 11 10 9 8 7
> カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
> フリーエリア
> 最新コメント
(12/16)
(返信済)
(08/19)
> 最新トラックバック
> プロフィール
HN:
wiecom
性別:
男性
職業:
会社役員
趣味:
楽器演奏・映画鑑賞
自己紹介:
建築企画、設計、提案・
各種工事管理・
建造物調査診断・
アスベスト関連・
関連営業・
技術講習等講師 等々
建設関連の仕事を経験。

現在、さらなる夢を追ってがんばっているところです。
2人の娘を持つオヤジです。

※仕事上・役職上・年齢上
  等々の不具合により、
  返信が遅れることの
  可能性が高いことを
  お許しご了承下さい。
> バーコード
> ブログ内検索
> カウンター